オヤジのあくび

タケさんの気楽に行こうよ道草人生の続編です。

鉄道

オヤジのあくび486

白石仁章「戦争と諜報外交」を読む3 どういう場面に居合わせたか? 外交官としての運命や評価に大きく関わる。そして最終的な判断は、本国にいる外務大臣を始めとする政府の意向なのだ。ここに外交官としての葛藤があり、本意ではない行動を強いられることも…

オヤジのあくび468

京浜急行から緩急の切り替えを学ぶ 今は通勤に京浜急行を使っている。東京へ男声合唱団の練習に行く時も京浜急行にできる限り乗っている。何が好きなのか? と問われれば、あの加速感と車窓のミスマッチなのだ。 後続車に追い付かれないように、逃げ切る急加…

1123 撮り鉄と万座温泉日進館の旅

大船発610、高崎行き。また、一人旅に出てしまった。夏の旅行で無料宿泊券をいただいたので、せっかくだから使わせていただきましょうということなのです。 高崎まで3時間弱、ちょっと贅沢してグリーン車を利用しました。休日は、割安ですし。1152 午前中は…

SL銀河撮り鉄と草野心平の足跡を辿る一人旅2

1418 岩手上郷駅。20分くらい歩いた見通しの良いところで、SLの撮影。 これで撮り鉄の1日はおしまい。宮守のめがね橋に行けなかったことが、ちょっと心残りだけれど、今更仕方がない。

SL銀河撮り鉄と草野心平の足跡を辿る一人旅

ゆけ!旅に今こそ 憧れに担われて♪ 港南台駅、5時56分発の電車で東京駅に向かいます。712発のつばさ123号自由席に座っています。行き当たりばったり旅なので、自由席しか買っていなかったのですが、何と!はやては、全車指定席だったのですね。福島で一旦下…

ぶらぶらと撮り鉄歩きの午後3

そうこう苦戦しているうちに、辺りは暗くなり、江ノ島のシーキャンドルが点灯した。暗い海の上に美しく光を灯している。しっかりした旅支度をしなくても、半日あれば撮りに行けるような鉄道を追いかけてみるのも、結構楽しいと感じた午後でした。

ぶらぶらと撮り鉄歩きの午後2

そこで夕日と海と江ノ島。海と江ノ島と江ノ電を別にして撮ることにする。暗くなる時間帯の撮影は、スキルの足りない私には難しく、なかなかシャッターが言うことを聞かない。

ぶらぶらと撮り鉄歩きの午後1

天気がいいので、午後から撮り鉄に出かけました。今日のお題は、富士山と鉄道。とりあえずは、富士山の方へ進む電車に乗ります。 しかし、穏やかすぎる天気が災いしたのか?鴨宮のいつもの場所から富士山が見えない。これでは進んでもしょうがない。反転して…

SL碓氷撮り鉄ひとり旅3

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545; min-height: 20.3px} span.s1 {font-family: '.HiraKakuI…

SL碓氷撮り鉄ひとり旅2

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545; min-height: 20.3px} span.s1 {font-family: '.HiraKakuI…

SL碓氷撮り鉄ひとり旅1

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 17.0px '.SF UI Text'; color: #454545; min-height: 20.3px} span.s1 {font-family: '.HiraKakuI…

中井精也「撮り鉄」を読む

中井精也「撮り鉄」を読む40年以上前の高校生だった頃から、鉄道写真を撮っている。私が所属していた鉄道研究会は、箱根登山鉄道をフィールドにしており、先輩たちに連れられて熊が出るという山に分け入ったり、普通の人はどう考えてもやってはいけない危な…

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅3

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅3茂木駅から宇都宮駅まで路線バスに乗る。茂木駅は真岡鐵道のターミナルだが、静かな駅。お盆で帰ってきた家族や、反対にまた行ってしまう家族らしいやり取りが見られた。バスは真岡鐵道に沿って、市塙駅まで戻るよ…

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅2

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅2市塙駅に戻り、天矢場駅に進む。天矢場駅から坂道を下りながら、撮影ポイントを探す。すでに多くの車が詰めかけて準備万端といった地点もあるが、お腹が空いたのでとりあえず先に道の駅もてぎに向かう。 ところが…

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅1

真岡のSL撮影と宇都宮の餃子を食べに行く旅1また撮り鉄の旅に出ました。今回は、4年ぶりの真岡鐵道です。朝の天気予報では、前線の影響で関東地方は南関東と北関東で天気が違い、これから向かう宇都宮周辺には傘マークが出ている。さて、どうなりますか? 上…

会津へ撮り鉄一人旅6

会津へ撮り鉄一人旅6鶴ヶ城からの戻りは、ここは時間があったので、のんびり歩くことにした。以前から感じていたのだけれど、城のある町は町のつくりかたに重々しさというか、一種格式のような風情を感じる。例えば県庁は置かれていなくとも、神奈川県の小田…

会津へ撮り鉄一人旅5

会津へ撮り鉄一人旅5鶴ヶ城ライトアップ大活躍のレンタカーを返して、鶴ヶ城のライトアップを見に行く。紺青の夜空に聳え立つ白亜の名城は、実に美しい。撮り鉄にはまっていると、肝心の名所がおろそかになるようで、実は会津若松の市内を観光したのは初めて…

会津へ撮り鉄一人旅4

会津へ撮り鉄一人旅4日出谷のカーブ再び絶景が連続するドライブルートを走り、撮り鉄の名所「日出谷のカーブ」に向かう。ドライブについては、一人で来たことが妻に申し訳ないような気がするくらい快適だったが、それはまたのお楽しみということにしよう。 …

会津へ撮り鉄一人旅3

会津へ撮り鉄一人旅3大山祇神社へ森と水とロマンの鉄道は、磐越西線のコピーだったっけ。山都から大山祇神社のある野沢までのドライブルートは、まさに森と水とロマンの道で、阿賀野川の雄大な流れと周囲の美しい森との調和が素晴らしい。おまけに対向車は来…

会津へ撮り鉄一人旅2

会津へ撮り鉄一人旅2以前訪れた時も、そうだったけど会津では、この時期まだ桜が咲いている。特に上戸駅脇の桜は、見事だ。 今日は、会津若松駅でレンタカーを借りて動く。撮り鉄旅で車を使うのは、鉄の仁義に反すると主張してきたが、今回は他に回りたい所…

会津へ撮り鉄一人旅1

会津へ撮り鉄一人旅1合唱曲に、五月の風が吹いたら旅に出かけましょう🎵という歌がある。そよ風や青葉が人の旅心をくすぐるのか?あれこれ御託を並べなくても、旅にはいい季節がやってきた。 GWの恒例撮り鉄旅。今年は、再び磐越西線だ。前回は天候の影響でた…

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩4

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩4パチパチと40分位撮り鉄していたが、さすがに寒くなってきたので、切り上げてお目当ての常立寺へ向かう。沖にヨットがたくさん浮かんでいたが、寒さに弱い自分には、ヨットを楽しめる方が少々うらやましく感じる。 iPadから送…

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩3

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩3鎌倉駅から江ノ電に乗車。昔からなのだけれど、ただでさえ狭い江ノ電の車内は、鎌倉観光の客で結構混み合い、それなりに騒がしい。まあ、これ以上編成や本数を物理的には増やせないのだから、江ノ電らしさとして楽しむべきな…

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩2

常立寺の梅と江ノ電撮り鉄散歩2せっかく寒い中出てきたので、海沿いを走る江ノ電も撮ってみることにした。場所は、江ノ電ファンにはおなじみの県立鎌倉高校前である。 大船駅で鎌倉江ノ島パスを買って、準備はバッチリ!と一安心?していると、小雪がちらつ…

撮り鉄一人旅一泊旅行12

撮り鉄一人旅一泊旅行12最後の見学先は、浜松市楽器博物館。新浜松駅で下りると、ちょっとバブルではないかと思われるような浜松市の賑わいに驚く。高層ビルが軒を連ね、家康公をキャラ的にいじり、何だか気分的にフワフワしているのが、私の住む横浜のよ…

撮り鉄一人旅一泊旅行11

撮り鉄一人旅一泊旅行11結局小一時間ほど本田宗一郎ものづくり伝承館を見学した。二俣仲町から西鹿島行きのバスに乗る。低床バスは、たくさん走っているが、遠鉄バスでは、車内もほとんどフラットになっている。降車ブザーのボタンが前の席の背面に付いて…

撮り鉄一人旅一泊旅行10

撮り鉄一人旅一泊旅行10ホームページからダウンロードした地図を頼りに、二俣本町駅から本田宗一郎ものづくり伝承館へ向かう。しかし、秋野不きさんの美術館の案内表示は見かけるのだが、歩けど歩けど私の目的地を示す案内板はない。走っている軽自動車も…

撮り鉄一人旅一泊旅行9

撮り鉄一人旅一泊旅行9天竜浜名湖鉄道(通称 天浜線)に乗車。このディーゼルカー一両編成による鉄道は、以前乗り鉄であちらこちらの非電化区間を乗っていた頃に、反対側の新所原から全線乗ったことがある。特に浜名湖の北側に沿って走る区間の景観がリゾート…

撮り鉄一人旅一泊旅行8

撮り鉄一人旅一泊旅行8朝、フロントから朝食の弁当が届き、テレビでCM以外は関東地方と差して変わらぬニュースなどを見る。 一人でいる時間というのは、普段はあまりじっくり見つめられない自分のいろいろな側面に気づくために有効だ。とりわけ一人旅は、周…

撮り鉄一人旅一泊旅行7

撮り鉄一人旅一泊旅行7千頭で金谷行きに乗り換える。キーキーユラユラから解放され、冷房付きの電車が天国のようだ。何せ先程までは窓が全開のため、足下に小さな虫が飛び回り、決して愉快な環境ではなかったのだから。 大井川鉄道は、SL急行が旧型の車両で…