オヤジのあくび

タケさんの気楽に行こうよ道草人生の続編です。

またもや高音ソロ修行中3

またもや高音ソロ修行中3

実は難問は、八戸小唄だけではない。この歌に続いて男声合唱の名曲「最上川舟唄」を演奏するのだが、そちらのソロも指名されているのだ。曲の気分が違い「最上川舟唄」の方が力強く、元気がよい。その切り替えが大変で、声が裏返るというか、音程が不安定になってしまう時があった。先生曰く「声が踊ってしまう」のだそうだ。
止むを得ず、少し声を作って音程が何処かへ飛んで行ってしまうのをコントロールしようと試みてみた。しかし、やはり過度に体に力が入るのは御法度であると先生はおっしゃる。






iPadから送信