オヤジのあくび

タケさんの気楽に行こうよ道草人生の続編です。

オヤジのあくび649

森林貴彦「Thinking Baceball」を読む

 


序章で「最後はデータよりも感性を優先しよう」という言葉が出てくる。相手投手のストレートを想像以上に速いと感じたら、データではなくストレート待ちであっても変化球待ちに変えてよいと言うのです。「データにおいて必要なのは、翻弄されず人間が使う側であり続けること」と。なるほど。

昨年甲子園を沸かせていた話題の中で、慶應高校野球部のテーマ「エンジョイ・ベースボール」が話題になりました。森林さんは自身が高校二年生の時に当時の監督から「セカンドへの牽制球のサインを考えなさい。」と言われた経験を紹介しています。意図を聞くと「自分たちで決めた方が楽しいだろう。」という返事が返ってきたそうです。エンジョイ・ベースボールですね。そんなことまで自分たちで決めていいんだ! という大きな転機になったと書かれています。

本書の途中で、小中学生の野球離れについて

軟式野球の団員数が減少している様子をグラフで提示しています。水泳、サッカー、バスケットボール、ラグビーと楽しめるスポーツの選択肢が広がっていて、野球に取り組む子どもたちの数が減っているのでしょうか?

大谷翔平が結婚や通訳による盗難に見舞われる前、日本中の小学校にグローブを送ったことが大きく報道されていました。「野球しようぜ!」と書かれていたそうです。野球の楽しさを体験してほしいという思いの表れなのでしょう。

ところで著者の本業は小学校の先生です。小学校の仕事を終えてから、野球部の監督をしているのです。ボク自身も長年小学校で教員をやってきたので、選手の主体性や成長、将来を支えようとする考え方に「先生らしさ」を感じてしまいました。慶應は「独立自尊」を大切にする校風だそうですが、オーダーメイドの練習メニューやノーサインを目指す試合などに筆者が思い描く高校野球の未来像が

見えました。

f:id:hoihoi1956:20240504073017j:image