オヤジのあくび

タケさんの気楽に行こうよ道草人生の続編です。

オヤジのあくび502

繋げる、伝える4  薩摩琵琶

 


琵琶の音色に初めてふれたのは、40代前半、地域に琵琶を弾かれる方がいらっしゃると聞いて、学校の音楽室にお招きした時が初めてでした。その音色はずっと気持ちの中に残っていたのですが、自分から教わりに行く余裕を作り出せないでいました。59歳で正規職員を退職し非常勤講師に転じた頃、勤めていた学校の近くに板倉穣水先生という琵琶の先生がいらっしゃることを知りました。

弟子入りをなんとか認めていただき、先生がご逝去されるまでの6年間琵琶を教えていただきました。

今、日本の琵琶愛好者の数は、三味線やお箏、尺八に比べて、とても少ないのが現状です。何とか多くの人に琵琶の音色に触れていただき、できれば琵琶を手にして奏する体験を提供できれば・・と願っています。

オヤジのあくび501

繋げる、伝える3  男声合唱

 


流石に女声合唱の経験はないのですが、一度だけモンテヴェルディ「アリアンナの嘆き」で男声アルト=カウンターテナーを歌ったことがあります。あとは混声や男声。音域はトップからバリトンまでで歌ってきました、ベースだけはおそらく一生できません。声が出ないのです。混声は指揮者側に回ってきたことが多いので、実際に歌い手として楽しでいるのはほとんどが男声合唱です。

男声合唱は、学生合唱団をルーツに発展してきたので、コロナ禍で学生合唱団が厳しい状況にあるのは、どうしたらいいのでしょうか?

現在はお江戸コラリアーずのセカンドテナー。ハーモニーのど真ん中にいる感覚を楽しませていただいています。コロナ禍での実証実験コンサート、作曲家への新作委嘱、他合唱団との積極的な交流など、男声合唱団がチャレンジ可能な活動に次から次へと着手しているおえコラの姿勢が好きです。

身をもって男声合唱の魅力を繋げ伝えている合唱団だと思います。

オヤジのあくび500

繋げる、伝える2  アカペラハーモニーの魅力

 


オーケストラや吹奏楽のハーモニーは、多くの人々を魅了します。でももっと身近にハーモニーを体験できるグループがあってもいいでしょう。それはつまりみんなで歌うことです。ところが多くの人は学校を卒業すると合唱から遠ざかってしまいます。先生から無理矢理歌わされていたのでしょうか? 仲間の付き合いに過ぎなかったのでしょうか? 仕事が忙しくてそれどころではないからでしょうか? 

学校というのは教師であるボクが言うのも変ですが、矢張り少なからず権威的指示的な存在なので、合唱は音楽科のカリキュラムに位置付けられているから教え教わることになるのです。小中学生のうちは自分から新しく合唱部を立ち上げるのは、かなりのエネルギーが必要です。

ところが野球やサッカー、水泳、ピアノなどに比べて、合唱を地域で教わっている子はとても少ない。結果学校しかハーモニーを体験できる場所がないことになる。ピアノだって和音を弾けばハーモニー? 残念ですがピアノでは平均律の音の重なりしか表せないのです。

学校を出て、子育てや仕事にも目処がついて、さてどこかで歌おうかなぁという時に、地域のアカペラグループという受け皿があるといいと思っているのです。

 


読みに来てくださり、ありがとうございました。バックナンバーに興味がある方がいらっしゃいましたら、以下のリンクに放り込んであります。

 


https://www.dropbox.com/sh/h2g746qsfg4i3w3/AAC0j_MtAsVkr19fn-VkxGvIa?dl=0

オヤジのあくび499

繋げる、力まず伝える1   音楽の楽しさ

 


いくら教員不足だからと言って、何もこんなおじさんに教わらなくてもねぇ・・。私自身もそのような思いが頭をかすめることがあるのですが、開き直れば歳をとってきたということは、それだけいろいろな音楽を見境なく聴いてきたわけです。

昭和歌謡グループサウンズBEATLESから令和の音楽シーンを彩る楽曲まで。クラシック系だって、武満徹三善晃高田三郎中田喜直山本直純をリアルタイムで知っているわけです。

音楽の授業って、何を繋げて伝えればいいのか? 音楽室に貼ったのは「美しい音、楽しい音楽、探しに行こう!」という言葉。けれど何を美しく、何を楽しいと感じるか、それぞれの子ども次第なので、気持ちを揺さぶる仕掛けが工夫は必要です。その上で最近大切だと思うことは、音楽表現を通して「自由な自分」を感じることです。

音楽の下に人々は平等で自由なのですから。ちょっとカッコつけすぎですが。

オヤジのあくび498

改めて自由とは?

 


自由とは、全ての個人において保障されているので、自分だけ、あるいは誰か一人の自由だけが主張されることは、即矛盾を産んでしまう。

自由を考えるということは、全ての人が自由であるためには今何ができるのか? 考えることと同義であります。

国どうしや政治であれば、ある特定の国の主張する自由、ある政治家が独占している自由とやらが他国の人々や自国の人々の自由を奪うことは許されない。その手段として戦争を起こすなどもってのほか。

安心安全健康の保障を前提に、皆が自分らしさを発揮できる社会の実現は、おそらくは永遠の目標なのだ。そして平等とか平和とか環境保護、さらにはSDGsも、未来における自由を担保するという意味では同じなのだ。だからこそ教育の場で自由の意味について絶えず問いかけ続けなければならない。

そしてその未来は、おそらく資本主義社会の競争を制する者だけが勝ち組を自称する社会とは真反対とところにある気がします。

オヤジのあくび497

とにかく人が死ぬのはダメ。

 


日本は素手で闘う武道がある。柔道、合気道、空手然り。剣道は竹刀も使うが、真剣がある時代から変化したのだ。相手を死に至らしめない、大怪我をさせない思想が低層を流れている気がします。

水戸黄門では「ジジイ、やっちまえ!」とかかってくる相手に、助さんと格さんが峰打ちで応じている。本気でやりあえば多くの死者や怪我人が出てしまう。これが戦国時代から学んだ知恵なのではないだろうか? 鎌倉時代には、世界最大の帝国「元」が攻めてきた。防戦一方だったかもしれないが、結果的に元軍は引き上げていった。これでよかったのではなかろうか? 日露戦争もさらに何年か続いていたらどうなっていたことか。ただ外地にいくつもの権益を獲得したことが、その後の日本の動向を変えてしまったように感じています。

専守防衛と言うけれど、そのままじゃミサイルが飛んできちゃうじゃん。だからミサイル発射基地を攻撃しよう! うーむ。そうおっしゃる方は、その攻撃とやらによって、敵味方どれだけの犠牲が生じるのか? 計算できているのだろうか? それよりもミサイルの発射を未然に防ぐための外交努力と被害を食い止めるための技術開発が先な気がしますがねぇ。

もし、世界のどこかに世界中のミサイルや核兵器の起動ボタンを無力にするハッカーやスパイがいたら、それはそれでヒーローだと思ってしまいます。しかしその逆もあり得そうでとても恐ろしい話です。

オヤジのあくび496

ぼくが出会った合唱指揮者②  福永陽一郎=陽ちゃん先生

 


福永陽一郎は、人から先生と呼ばれることを露骨に嫌った。事情を知らずに「先生」と呼べば「ボクは先生していません!」の一喝を喰らってしまう。しかしながら、死後三十年以上経ち、未だにその演奏が語り継がれ、編曲が全国津々浦々で歌われている音楽家が何人いるだろうか? 

大学を出て2年目。後輩のF氏から「武部さん、藤沢でカルメンやるんですけど来ませんか?」と誘われたことが、陽ちゃんとの出会いだった。藤沢市民オペラには、カルメン蝶々夫人ウィリアム・テルアイーダ、椿姫、ファウストフィガロの結婚まで合唱参加させていただきました。また市民オペラとの出会いがきっかけとなって、ドン・ジョバンニオテロにも出させていただいています。

合唱は藤沢男声合唱団でして、その頃は十人揃うかどうかの小さな合唱団で、80年代の後半は団内指揮者をやらせていただきました。団内指揮者になって選曲に携わるわけですが、ご自宅が近かったことをいいことに、上がり込んで福永家の膨大な楽譜蔵書に触れることが出来ました。

世の中にこんなにもたくさんのレコードと楽譜を持っている人がいるとは! 心底驚いたことを今もはっきり覚えています。

レコードと言えば、東京溜池の東芝スタジオに入って、レコーディングを経験したのも陽ちゃんが指揮するところの池辺晋一郎「冬に向かって」でした。何度も録り直しながらレコードができていく過程を目の当たりにして、やっぱりライブの方が楽しいなぁと感じたのも確かなことでしたが・・。陽ちゃん先生、ありがとう!