オヤジのあくび

タケさんの気楽に行こうよ道草人生の続編です。

オヤジのあくび657

伊藤亜紗「目の見えない人は世界をどう見ているのか」を読む

 


本書の始めの方に、ゾウとアリでは時間の感じ方が違う話が出てきます。また客観的な情報が個人によって異なる意味に捉えられることがある話。視覚障害の皆様には、晴眼者には感じられない感覚があるのだとも。第一章空間では、目が見えないからこそ脳にスペースができて、視覚情報への対応に追われている晴眼者とは違う空間把握ができる。例えば見える人が二次元的に、例えば富士山を絵に描いたように認識するのに対して、目が見えない人は三次元的に立体的に捉えると。

実は学校教員をしていた頃、視覚障害の疑似体験としてアイマスクを使ったことがありました。けれど筆者はそれは感覚の遮断であり引き算に過ぎないと言います。目が見えないからこそ獲得してされている感覚に、読み進める毎に目が見えない方の感覚から学ぶことがたくさんありそうな気がしてきました。

先日養老孟司さんの本を読み、自分の身体の感覚を信じることを説いていらっしゃいましたが、伊藤さんの感覚の捉え方とどこか通じる気がします。

「鑑賞とは、自分で作品を作り直すこと」と言います。目が見えないので陶器を触ってもガラス製と感じるかもしれない。けれど近くの人がこれは陶器ですと言った瞬間に、それは陶器だとわかるわけです。ボクは抽象美術に対する鑑賞眼が不足していて、よくわからない以上に理解ができないのですが、自分で作品を作り直してよいなら、ある程度まで自由に鑑賞できそうです。もっと頻繁に発信している音楽も本当は抽象の最たるものなのですが「この響きはこういうことなの!」などと勝手に決めつけずに、もっと自由な距離感で楽しめればいいのでしょう。

f:id:hoihoi1956:20240612065339j:image

視覚障害の方々の前での琵琶演奏も、普段ボクが感じている感覚とは異なる捉え方をしていらっしゃるかもしれません。是非演奏後には感想を伺ってみようと思います。

オヤジのあくび656

栗山英樹「栗山ノート2」を読む

 


「栗山ノートを読んだら、古典を読まなくてもいいね」と先輩から言われたエピソードが登場します。この本の目次には名言・格言が並んでいます。野球監督としての判断が何に支えられていたのか? が垣間見える趣向なのです。少々説法臭いのですが、元々栗山監督は教員養成のための大学出身でして、その辺りも繋がっているのかもしれません。

彼の信条が伺える言葉が刮目相待。栗山流解釈は「選手たちの成長や進歩を信じて前へ進んでいく」です。ボク自身、学校を辞めた後も、別の教室で生徒と接する機会を持ち続けているのですが、肝に銘じたい言葉と感じました。

WBC日本代表監督として、どんな場面で自分にどんな言葉を言い聞かせきたのか? が

書かれているのですが、ただテレビで応援しているだけではわからないこともあれば、あゝあの時のことか、と私たちでも思い出せることもあります。その一例が源田選手の指の怪我です。小指を骨折しながら試合に出続けた裏側、栗山監督とのやりとり話が出てきます。いやぁ凄い選手です!

最終章は、準決勝・決勝の実況中継のようですが、テレビとまるで違うことは、それが監督自身の呟きであるところです。ボク自身と観戦していてハラハラドキドキだったのが、メキシコ戦。緊張の連続だったわけですが、場面場面で監督が何を考えていたのか、文章に刻まれていて、本書を手にした醍醐味と言えるでしょう。

f:id:hoihoi1956:20240605060520j:image

オヤジのあくび655

養老孟司「ものがわかるということ」を読む

 


養老先生が大学生の頃、家庭教師で中学生に数学を教えていた経験から「なぜやらなきゃならないのか、よくわからないけれど、なにしろやるしか仕方がない。」ことがあると本書は始まる。

情報社会とは、言葉や記号が変わらないのに人間は変化すると言うギャップに課題がある。生身の人間の生の感覚、言葉や記号では伝えられない変化していく感覚の大切さを養老さんは説いています。しかし人間そのものが情報化してしまった状態を養老さんは情報化社会と呼んでいます。

その延長で、個性とは身体にあると。心は共通性を基盤にしているが、身体こそが唯一無二なのだと。学んだことが「身につく」とは身体で覚えることなのですね。「世界に一つだけの花」が大ヒットしてから個性を求めて右往左往していた人々に書いているような気がします。「個性とはいえあなたの身体そのものなんだよ」と。

古典芸能を習うと個性がよくわかると言っています。ボクにも経験があるのですが、とにかく師匠の真似がすべて。でも師匠が亡くなり、師匠と同じように演じているか? と言われれば、やはり違っているのです。養老さんはそれを個性と言います。

好きなことを仕事にして暮らしたい。誰もが一度は夢見ることに対して、好きなことをやりたかったらやらなくちゃいけないことを好きになるしかない。仕事を変えるか自分を変えるかの選択は、自分の方を変えて、その仕事を好きなことだと思い込んだ方がいいし、私は変わっていくものだから、本当に好きかどうかなんて分からないとのこと。

その後も話題はあちこちへ転々としますが、一貫していると感じるのは、自分の身体感覚を大切にする姿勢です、統計を疑い、操作された情報を疑う。ボクは教育学部社会科出身で若い頃は「社会科の初志を貫く会」に参加していたのですが、戦後社会科をつくった背景は「2度(1回目は戦前の教育)と騙されない子を育てる」と上田薫さんが語っていたのが印象的でした。

養老先生のバックボーンにも騙されない心がけがあるように感じました。

f:id:hoihoi1956:20240529052728j:image

オヤジのあくび654

橘玲「テクノ・リバタリアン」をkindleで読む

 


序章において、著者は、保守とリベラル・共同体主義リベラリズム功利主義と市場原理の否定・・様々な対立軸を提示しながら、タイトルにもなっているテクノ・リバタリアンの輪郭を浮かび上がらせている。保守とリベラルは政治的な立ち位置を表すためによく使われるが、現時点で自分が共感できる思想は何か? 振り返る作業にも有効な気がします。

続いてシステム化された脳と共感脳の比較が出てくる。シリコンバレーの成功者たちは、システム化された脳によって、高度な数理処理能力を発揮しているが、他者に共感する力が弱いと、その典型をイーロン・マスクを例にして語っている。

ピーター・ティールを紹介する中で「欲望の模倣」という言葉が出てくる。日本版に言い換えれば「立身出世」とか「よい大学からよい会社」が当たるのだろう。周りがみんなそうしているから、なんか良さそうだし、自分も真似してみる。そのような動機=欲望の模倣によって、どれだけの時間と能力を浪費していることか!

テクノ・リバタリアンたちが、いかにして中央集権国家の呪縛から逃れ、独立した自由な立ち位置を確保するか? その課題について、貨幣・財産・投票・・いろいろな試みがなされている状況が語られる。

ネタバレ的ですが、最終章でコンストラクタル法則が紹介されている。

「流れがあり、かつ自由な領域があるのなら、より速く、よりなめらかに動くように進化する」という。

この法則は人間社会にも当てはまり、狩猟採集時代に150人以内で集団生活を送っていた時代には、それぞれの個性を認識できたが、より多くの人々と暮らし始めることにより、組織的な階層が生まれたと言う。川が支流を作りながら海に向かう例えが出てくる。支流が階層なのだろうか?

しかし、階層=自分にとっての自由を阻害する組織であれば、本来は個人的に逃れたいのだ。旧来続いてきた年功序列トップダウン型の組織は、日本経済から退場するべきなのかもしれない。そしてその兆候は終身雇用を当てにしていない世代に、はっきりと見られる気がします。

f:id:hoihoi1956:20240522032619j:image

オヤジのあくび653

藤岡換太郎「フォッサマグナ」を読む2

 


フォッサマグナと言えば、糸魚川〜静岡ラインと思っていたのですが、これはあくまでも西側のラインらしい。しかもフォッサマグナの北側と南側では地質が違っていて、北側(大雑把に言って諏訪湖より北)は、日本海のできかたと関係があり、南側は伊豆半島丹沢山塊のできかた=フィリピン海プレートの動きと関係している。さらに西日本から伸びてきた中央構造線フォッサマグナのところで一旦姿を消して、関東山地の東側=下仁田あたりでまた現れる。さらに地下6000mより深いところはわからず、フォッサマグナの深さも現時点ではよくわかっていないと言う。

何だ、わかっていないことだらけじゃん! と思った読者もいるだろう。けれどわかっていないからこそ研究は続くし面白いのですね。地質に興味を持ち続ける動機になるのは、自分の住む土地だと思います。ボクは神奈川県に住んでいるのですが、ご存知の通り相模湾には相模トラフがあり、ここでフィリピン海プレートが沈み込んでいます。けれどそれは現在位置がそうなだけであって、以前は相模川に沿って、さらに昔は多摩川に沿って、プレートが沈み込むラインがあったと説明されています。富士山の右に見えている丹沢山塊も長い間をかけてフィリピン海プレート上を動いてきたのです。なぜこのような地形ができたのか? ちょっとしたロマンに駆られませんか?

続けましょう! プレートテクトニクスで現在の陸地の位置が説明できるようになった後も「プレートを動かす力は何なのか?」ボクはわかっていませんでした。スーパーブルームと言う地下に潜り込んだプレートが、地球の奥深くから再び上昇してエネルギーをもつ。これがプレートを動かしていたのです。だから今の大陸もいずれはまた一つにくっついてしまい、さらにはまた分裂するという循環を繰り返す。著者はこのスーパーブルームが大陸にくっついていた日本列島を動かし、西南日本は時計回りに、東北日本は反時計回りに動いて、その真ん中を突き抜けたのがフォッサマグナだと説明しています。

さらに房総半島の沖に3つのプレートが海溝としてぶつかり合う三重点があるのです。この三重点の存在が日本海側からのエネルギーを受け止めてフォッサマグナが消滅しない理由、さらには日本列島が現在のかたち・位置を維持している理由にもなっていると著者は推論しています。このような特殊な条件が重なってできたフォッサマグナは現時点では世界でただ一つなのです。

日本列島について、知らなかったことを学ぶことができました。

f:id:hoihoi1956:20240516060051j:image

オヤジのあくび652

藤岡換太郎「フォッサマグナ」を読む1

 


本書は地質学の本なのですが、最初に登場するのは若きドイツ人ナウマンです。あのナウマンゾウに名前を残している科学者は地質学者だったのですね。ミュンヘン大学で学び20歳で博士号を取得したナウマンは、お雇い外国人教師として来日し21歳で新設間もない東京大学理学部の教授となります。

彼が打ち込んだ仕事は、日本の地質図作成でした。来日直後から調査旅行に出かけています。野辺山近くの平沢という集落で、嵐の翌朝ナウマンは見たこともない風景を目にします。細長い土地の両側に2000m以上の山が壁のように聳えているのです。後年彼はこの地溝帯をフォッサマグナ(ラテン語で巨大な溝)と名づけました。

ちなみにフォッサマグナの深さは推定6000m。地上に突き出て目に見える富士山やエベレストの高さは映像化でわかっても地中深くとなるとよくわからない。日本は地震が頻発する国で、すぐさま震源地やマグニチュードが発表されるが、これを3D表示にしてプレートとの関係などを図示できないものだろうか。平面上の地図で表しても深さが深いほど実際の距離は遠くなるわけだから、地中の立体表示を是非実現してほしいと願うものであります。

この本を読んでいる時に、四国の西で震度6弱の大きな地震があったのですが、南海トラフ地震との関連について、プレートの擦れている箇所が震源ではないことから関連はなく、正断層的な動きであると気象庁が発表していました。えーっと正断層と逆断層の違いは何だっけ? などと中学生の理科を復習するような有様だったのですが、これも地下の様子が3Dで表されているとわかりやすいと思います。

 


余計な事ばかり書いてしまいました。明日の投稿に続きます。

f:id:hoihoi1956:20240515054919j:image

オヤジのあくび651

坂本龍一「音楽は自由にする」を読む2

 


坂本龍一さんは自由劇場繋がりで、やがて鈴木茂に会うのですが、それまで「はっぴいえんど」を聴いたことががなかったと告白しています。正直クラシックバリバリ芸大作曲科卒業の坂本とポップミュージックどっぷりの仲間との間に辿ってきた音楽履歴の溝を感じます。だって「はっぴいえんど」は、すでに新しいポップスの開拓者として広く知られる存在だったわけですから。続いて山下達郎に会い、大瀧詠一に会い、ようやく本書に細野晴臣さんが登場するのですね。クラシックとポップスの溝と書きましたが、それをラクに跨ぎ越えて行ったのが坂本龍一その人なのだと思います。

YMOで登場する直前に「千のナイフ」というタイトルからして尖ったアルバムを作っています。このままスタジオミュージシャン生活を続けていいのか? 自問していたのでしょう。

YMOから戦場のメリークリスマスへの出演と音楽、さらにはカンヌ映画祭が縁となったラストエンペラーへの出演と音楽。この時期の坂本龍一について、私たちはよく知っているつもりでいるし、記録も残されているので割愛しましょう。

面白いのは、コンピューターへの打ち込み音楽で一世を風靡したのに、その類いの音楽から距離を置くようになるところです。一ヶ所にとどまっていない落ち着きのなさに、底なしのエネルギーを感じます。ちょくちょく居場所を変えているレオナルド・ダ・ヴィンチ、引越し大好きの葛飾北斎ベートーヴェン・・夏目漱石。才能豊かな人は概して落ち着きがないのです。

なぜ落ち着きがないのか? ボクなりの推論ですが、本能的に自分にリセットをかけている気がします。以下坂本龍一さんの足跡から、ボクの心に引っかかった言葉。

バリ島の伝統音楽について長老の言葉「バリ島にはプロのミュージシャンは一人もいない」お金をもらって音楽をやるようになると芸能が廃れる。すごく自覚的に音楽を商品化しないようにしている。共同体が長い時間をかけて培ってきた音楽には、どんな大天才も敵わない。

もう一つ、9.11テロをニューヨークで経験した後の言葉。やがて歌が聴こえてきたのは、諦めからです。テロから3日経って・・ろうそくを持って街のあちこち立って黙祷をする、音楽が現れたのはそれからでした。喪に服するために、葬送という儀式のために、初めて音楽が必要になる。芸術の根源を見たようでありました。

クラシック畑出身であることの関連するでしょうか、絶えず「音楽って何だ? 今自分が発信している音楽はこれでいいのか?」を問い続けた一生だったと、本書を読んでその感を深くしました。

f:id:hoihoi1956:20240509065824j:image